2012年11月28日水曜日

インピンミンドーリー作成

ゴムボート用のドーリーを自作しようと調べてみると、この「インピンミンドーリー」に行き着きます。

インピンミンさんはすごいな。

オレもインピンミンさんや院長さんみたいに、「チョッコー式◯◯」と呼ばれるようなエポックメイキングな物を一個くらい作ってみたいです。


このド定番となっているドーリーを、シートの台座作りで余ったアルミパイプで作ってみました。

寸法についてはインピンミンさんが図面をブログにあげてくれてましたので、そこから拝借しました。


タイヤはホムセンでノーパンクが980円でした。シャフト内径20mmです。



車軸工作。


アルミパイプ19mmと塩ビ管VP20。ワッシャーはタイヤ付属のものです。



アルミパイプを長くすれば、太いタイヤもセットできます。



シャフトカバーの塩ビ管は外形が約26mmなので、28mm用のイレクタージョイントが合いません。

アルミパイプを買う時に28mm厚さ1mmも買っておいたのでそれが合うかなあと思ったんですが、やっぱり通りません。

短く切って、金ノコで縦に切り込みました。ピンボケ



塩ビにかませれば、良い感じの太さになります。



メタルジョイントを取付。


やや太いので、締め付けにチカラが必要です。

はい、完成です。



2 件のコメント:

院長 さんのコメント...

立派な ”チョッコーFドーリー”じゃありませんか~

駐車場から浜までの、”なにかと運搬カート”に変身できるといいっすね~

tyokkogogo M さんのコメント...

こんな定番になるものを設計してみたいですねー。
ヒントもらったんで、また改造です。
アルミパイプはやり直せるのがいいです。