2014年7月24日木曜日

ゴムボドーリー ランチングホイールの棒

上の白いのが標準品。

うちのは両端が折れてしまったので、ハクブンさんから頂きました。

しかし、やっぱり作りが華奢なので、アルミで作成し標準品は予備にします。





ホイールを上に跳ね上げるためにロックを外す金具。

インピンミンさんの作例を参考にしました。


金具でロックピンを押せば、タイヤが水面にポカンと浮きます。
出航時、波打ち際から少し離れたら、この作業をやります。





反対にタイヤを水中に沈めるための板です。

ホイールの付け根を押さえて水中に沈め、ロックします。

着岸前にする儀式です。


2 件のコメント:

インピンミン さんのコメント...

チョッコーさん こんばんは
棒、いい感じにできてますね
おいらは着岸時はタイヤおろしたまま砂浜をずりあげて
陸の上でタイヤを降ろします

tyokkogogo M さんのコメント...

インピンミンさん

こちらの浜は遠浅で(ご存知の場所)、波打より結構手前でタイヤが海底に接触します。

プロペラを守るために、先出ししてます。